ブログランキング・にほんブログ村へ


iPhone/iPad用潜水艦ゲームアプリ ソナーエコー iTunesにて公開中

2015年11月11日

[iOS]xcode7になってからindexingが異様に重い/iCoreServiceのCPU負荷が200%を超える

表題のとおり。
xcode7になってからindexingが異様に重くなって、ヘッダをちょっとでもいじろうものなら文字入力が苦痛になるほどになってしまった。
使ってるのが2011のMBAなんで、さすがにもう無理かとSkylake iMac買い替えも真面目に検討したけども、一応現状で対策できたっぽいので記録。

まずiCoreServiceってのがなんなのかっていうと、これはウイルスバスターのスキャンプログラム。不思議なことにxcode6まではそんなことなかったのに、なぜかxcode7になってからindexingが走ると同時に動き始めて、しかも恐ろしく重く(CPU 200%-300%くらいまでいく)結果開発効率を激しく落としてくれる。
indexingを止めるのも一案だけども、それをすると関数の引数の予測補完とか、デバッグのときの変数値が表示できなくなったりなど昨今のIDEとして致命的なほどの機能低下を招く。

対応策としては、ウイルスバスターの設定でスキャンの例外を設定する。例外フォルダにxcode.appのあるところを指定したら、indexingで走らなくなった。

ただまだ普通のビルドでは走ってしまうので、それも止められないものかとトライ中。書類/ 下のXcodeProjects/ を例外にするのではダメだった。

それとxcodeとは関係なく、ウイルスバスターの予約検索を切った。リアルタイムスキャンという水際防御ができてるならそれはいらないかと。でもパターンファイルの更新タイミングとかですり抜けるものもあるかもしれないから時々意識的スキャンをやってやる必要があるかもしれない。

以前のChromeにトレンドマイクロツールバーを入れたらcode吐きまくりだったこととか、どうもウイルスバスターのMac版は手抜き感が否めない。まあ実際昔買ったwin版更新したらおまけで使えるようになっただけだし。主力となってる以上もっといいものがあれば乗り換えるべきだと思った。
posted by みこあいさ at 11:38| iOS開発