ブログランキング・にほんブログ村へ


iPhone/iPad用潜水艦ゲームアプリ ソナーエコー iTunesにて公開中

2012年04月28日

windows8 preview

Windows 8 の評価版でテストする必要ができて、少しやった。VMWare上だが。

Microsoftの交互に黒歴史OSが出るという伝統?があるのであまり期待していなかったが…それどころではなく…

一言でいうと、なんじゃこりゃ 使い方が全くわからん レベル。

Microsoftのいつもの 人のものが欲しくなっちゃう病 が発作レベルで起きたって感じ。

iOSやAndroidが急拡大している中でWindowsがおいてけぼりになってるのを危機に感じるのはいい。
だが、PC用のWindowsをスマホ用みたくしてしまうのは違うんではないか。
AppleだってMacのOS XとiOSはわけてるというのに。

わかりやすい一例では、スタートボタンがない。シャットダウンがわからない。
ぐぐらないでこれを従来のユーザーが見つけるのはかなり難しいのではないか。

チェックボックスに当たるコントロールが(全部でないかもしれないが)iOS風のスライドスイッチになってるが、スライドスイッチはタッチスクリーン用のUIで、マウスで1クリックで確実に操作できていたものにいちいちクリック→ドラッグ→リリースの動作を求めるのは正直苦痛だ。

コントロールパネルのような操作パネルを出すと、画面いっぱいに表示される。スマホの画面いっぱいならわかる。24インチを超えるPCの画面いっぱいに文字列10個程度の操作パネルが出てくる滑稽さはなんと言えばいいのか。

この先PCはかつての技術者用のワークステーションの地位にしか生き残るレンジは残っていないと思う。
しかし開発用マシンとしてはこれはあまりに使えない。

あとVMWare上にしてもあまりに遅い。ソリティアが秒当たりのコマ1〜2程度。普通のデスクトップでも水の中で操作してるかのようなネットリ動作。評価版だからということだと思いたいところだが。

XPのサポートが2014年に切れるのでそれの受け皿としての位置づけが強いと思うが、XPユーザーがこれを受け入れるかといえば相当難しいと思う。おそらくかなりの比重を占める企業ユーザーではオペレータの再教育の費用が莫大になるだろう。XP用に構築されたシステムのハードウェアも相当に老朽化が進んでいるだろうからハードの入れ替えも時期が来ているだろうし、費用が大きいのであればいっそLinuxサーバ+端末iPad/Androidとかでハード脱IBM、OS脱Microsoftの動きを促進するかもしれない。少なくともそれが検討の俎上に上らない企業は無能過ぎる。

メインの環境をMacに移して10年はWindowsには戻らないつもりだったが、10年後にはWindowsは存在しないということになるかもしれない、と真剣に思った。そのとき行き先はCentOSとかになるのだろうか。
posted by みこあいさ at 10:15| その他